2007年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
スポンサーサイト
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
ジョインベスト証券、3月単月の新規口座開設数で首位に
2007年04月27日(金)
ネット専業証券のジョインベスト証券(東京都港区)の3月の新規口座開設数が、業界最大手のSBIイー・トレード証券<8701.Q>を抜いてトップになった。新たに口座を開いた顧客に対しキャッシュバック(現金還元)を提供するキャンペーンを行っているほか、2月末からは約160種類の投資信託や外為証拠金取引など取り扱いサービスを拡充していることも功を奏したとみられる。
 各社の開示資料によると、ジョインベストが3月に獲得した新規口座数は2万2856口座で、SBIイー・トレード(1万8866口座)、楽天証券(1万1248口座)を上回った。マネックス証券<8698.T>は9730口座、松井証券<8628.T>は7712口座、カブドットコム証券<8703.T>は6422口座だった。

 現在、日本で最高のキャッシュバックサイトといえばやっぱりげん玉です。無理なく1ヶ月間で1万円くらいなら簡単に稼げます。毎月、2万人以上の方が換金しているそうです。

げん玉は楽しくトクするポイントポータルサイトです。サービスを
使えば使うほど現金化できるポイントが貯まります。
こちらから無料会員登録すると250ポイントもらえます。
スポンサーサイト
【編集】 14:53 |  未分類  | TB(0) | CM(0) | Top↑
タカラトミー、「人生銀行」にキャッシュバック、イーバンク銀行口座開設で
2007年04月27日(金)
タカラトミー (富山幹太郎社長)とイーバンク銀行(松尾泰一社長)は4月6日、タカラトミーが06年12月に発売した500円硬貨専用貯金箱「人生銀行」を活用して、相互の顧客サービスの活性化を目指して提携すると発表した。

 タイアップの第1弾として、「人生銀行」のユーザー(預金者)がイーバンク銀行に新規に口座を開設すると、イーバンク銀行から1000円のキャッシュバックを提供するサービスを5月に開始する予定。

 「人生銀行」は貯金箱なので利息はつかないが、イーバンク銀行とのタイアップでキャッシュバックサービスを実施することで、「人生銀行」の預金者に対する顧客サービスアップを図る。また、イーバンク銀行も「人生銀行」預金者からの新規顧客の獲得を目指す。

 現在、日本で最高のキャッシュバックサイトといえばやっぱりげん玉です。無理なく1ヶ月間で1万円くらいなら簡単に稼げます。毎月、2万人以上の方が換金しているそうです。

げん玉は楽しくトクするポイントポータルサイトです。サービスを
使えば使うほど現金化できるポイントが貯まります。
こちらから無料会員登録すると250ポイントもらえます。
【編集】 14:53 |  未分類  | TB(2) | CM(0) | Top↑
遠隔講義:新年度から山形商業高、会津大と連携TV会議システムで
2007年04月27日(金)
山形市の市立山形商業高校は07年度から、会津大(福島県会津若松市、角山茂章学長)と連携し、テレビ会議システムを使った遠隔講義に取り組む。高校では県内で初めて。
 システムはインターネットに接続し、テレビカメラを通じてお互いの顔を見ながら講義を進める仕組み。
 同校では、情報処理の授業でコンピューターの利用が一般化している。より高度な教育を目指し、大学レベルの内容を受けられる方法として遠隔講義を導入した。
 受講するのは情報科3年(4月から総合ビジネス科情報コース)の生徒40人。株式投資や暗号化技術について1回90分程度の授業を4回予定している。
 同校の相馬周一郎校長は「大学で研究される最先端の技術や知識に触れ、視野を広げる機会になってほしい」と話している。
【編集】 14:53 |  未分類  | TB(2) | CM(1) | Top↑
地価はすでに頭打ちか 07年地価公示
2007年04月27日(金)
 今年の地価公示を昨年と比較すると、「上昇地点の急増」と「上昇率の大幅アップ」が最大の特徴である。平均値でも三大都市圏は住宅地がマイナス1.2%から2.8%へ、商業地は1.0%から8.9%へ。東京圏に限れば住宅地はマイナス0.9%から3.6%へ、商業地は1.0%から9.4%へといった具合だ。

 象徴的なのは昨年の地価公示で、全国一上昇した住宅地(東京・南青山)は28.8%だったが、今年は同一地点で45.5%も上昇している。商業地は昨年が名古屋駅前の近鉄ビルで38.0%だったが、今年は東京・神宮前で45.5%となっている。

 大阪圏住宅地の最高上昇率は昨年の10.1%から今年は19.8%へ、商業地は20.4%から43.1%へ(同一地点)。同様に名古屋圏住宅地は10.9%から17.9%へ、商業地は38.0%から45.1%へ。つまり、地価公示ベースでは05年よりも06年の方が全般的に激しく上昇していたことになる。この動きは、今年も継続されていくのだろうか・・。

■■■不動産投資をお考えの方へ■■■■■■■■■■■■■■■■■■



 不動産投資家が考えた不動産投資家のためのサイト

 全国の不動産投資家のための収益物件・投資用不動産検索サイト-楽待



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 
【編集】 14:52 |  未分類  | TB(0) | CM(1) | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。