2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
スポンサーサイト
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
バーチャル社会「セカンドライフ」で現実の1億円
2007年07月19日(木)
全く違う自分に生まれ変わることができる、そう聞いてあなたはどう思うだろうか。
新しい自分が、コミュニティの一員となり社会を構成していく。
それだけでなく、実際お金を稼ぐことが可能なのだ。

少々前置きが長くなった、今アメリカやヨーロッパ諸国ではネット上のバーチャル社会「セカンドライフ」がブレイクしている。
これはアメリカのベンチャー企業リンデンラボが03年に始めたサービスである。

このサービスを利用するには、まずネット上に存在する仮想都市空間に土地を買う必要がある。広さは東京ドームの約1.4倍にあたる6万5千平方m。価格は1675ドルで約20万円。購入した土地をどう使うかは、自分の自由。趣味のショップを開こうが、自動車を販売しようが、工場でもいい。この社会で使われている通貨は、社名にちなんだのか「リンデンドル」という仮想通貨だが、約270リンデンドルで$1と換金できという。

実際、優良な土地の売買を繰り返し1億円稼いだ女性もいるとか。このセカンドライフには、実際の企業も注目していて土地を買って経済活動しているのだ。
ミクシィやブックオフ、そしてソニー、IBMやスウェーデン大使館まであるという。

だが残念なことに現在のところ、日本語バージョンはない。しかし近々できるとの話だ。文字通り、ネットで第二の人生を楽しみながら、お小遣いを稼ぐのもいいかもしれない。

スポンサーサイト
【編集】 11:51 |  未分類  | TB(0) | CM(1) | Top↑
コメント
●全国ネット協同組合
協同組合なら面白いかもしれないですね。
以前わたしが加盟していました、全国組織がありますが今は殆ど機能を果たしていないのですが。再構築する面でも面白いと思います。昔はJTBの一角にありましたが現在は分離して単独での組合です全国組織だから面白いとおもいます。
鬼束 大太郎 | 2007.06.26(火) 18:29 | URL | コメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。